50代で
サイドFIREして
自由に生きよう

50代で
サイドFIREして
自由に生きよう

concept

サイドFIREして自由に生きてみよう〜そう思ったきっかけは持病の発症だった。この持病は治る保証もないし今後悪化するかもしれない、そして私は50代なかばだ。

残りの人生、いつ死んでも悔いのないように自由に楽しく暮らすにはサイドFIREしかないと思った。でも、30年来の今までの稼ぎも貯金も大したことはない。

ただ救いと言えば、慣れてしまった質素な生活と相続した不動産、そして自分の好きな仕事を見つけた事。

質素な生活、つまり貧乏なわけだが貧乏は決して悪いことじゃない。身分相応な生活をしているだけで不自由のない暮らしはできる。それに、稼ぐようになってもこのまま貧乏生活を続けていれば大きな資産だって築くことができる。

相続した不動産は貸家にしてマイクロ法人の売上にした。そうすることで社会保険料を最適化し、貸家の一切を賃貸管理会社にお任せしているので手間もかからず、ほぼ全ての時間を個人事業に専念できるようになった。

そしてサイドFIREの要となる好きな仕事は、前職のサラリーマン時代に10年来副業でやっていたクリエイター活動だ。自分の裁量で受注し、無理のない範囲で楽しみながら仕事をしている。

このまま定年までサラリーマンを続けて生殺与奪を会社に委ねるのも、独立して自ら選んだ道を自由に生きるのも全ては自分次第。

当ブログのコンセプトは歳を取っても持病を持っても人生には希望があることを読者に知ってもらいたいと思ったから。そして最後まで後悔しない人生を歩んでほしいと思う。

profile

このサイトを立ち上げたのは、54歳で印刷会社を早期退職し、個人事業(クリエイティブ)とマイクロ法人(不動産)を立ち上げて、奥様のご実家でまったりサイドFIREを決め込む、シーズー大好き・ゲーム大好き・Apple大好きなおっさんです。

Special thanks

お気に入りの写真はpixabay.comから入手いたしました。