【集中モードの罠】iPhoneの通知設定やアプリの設定で通知のサウンドをONにしていても通知音が鳴らない時に確認すべき項目

苦悩イメージ
  • URLをコピーしました!

iPhoneを使っていて、「マナーモードにしてないのに、なぜか通知音が鳴らなくて大事な連絡に気づくのが遅れた」という事はありませんか?

実は私も、マナーモードにしていないのに取引先からの連絡が全く通知されず、返事が遅れてしまった事が何度もありました。

設定の「通知」やアプリの設定を確認してみてもサウンドはONになっているし、アプリのサポートやヘルプを見ても解決しませんでした。

しかし、原因はiOS15からの新機能「集中モード」だったのです。

目次

仕事モードを新規作成したのが事の始まり

TOP

iOS15アップデートから新機能の「集中モード」が追加されました。

集中モードとは簡単に説明すると「仕事や勉学に集中したいときに、一時的に必要な機能以外の通知や呼び出し音を遮断する」というもので、集中したい時間帯などを指定しておくと、指定以外の通知を一切せず、時間帯が過ぎたときにまとめて通知してくれる便利機能です。

それまでの私は、おやすみモードだけは使っていたのでなんとなく分かった気でいました。就寝中の間は電話やメール、ショートメッセージなど知人以外からの着信はすべて通知を遮断していました。

ただ、仕事中は解除していたので、twiter、マンガアプリ、メール、ショートメール、天気などから通知が来るたびに集中力が途切れてしまうことを懸念していました。

そんな時、この集中モードの中に「仕事集中モード」という項目を発見したので、とりあえず試してみるつもりで、この仕事集中モードを作ってみる事にしました。

仕事集中モード

ところが、これが大きな罠だったのです。この仕事集中モードのデフォルトでは、すべての通知音が鳴らないようになっていたのです。

仕事集中モード

「通知を消音」というメニュー名、そしてその説明文「必要な通知だけを選択〜」とありますが、ここに通知しても良いアプリを登録します。ややこしいですね。この部分はどうせなら「通知を消音」というより「許可する通知」の方が分かりやすいですね。

ちなみに、Appには「電話」も対象ですから、ここに電話がないと連絡先を指定しても通知されませんのでご注意を。

結局、仕事中も電話やショートメッセージ、チャットなどは通知を受けたいので、この仕事集中モードは意味をなさなくなってしまいました。

スマートアクティベーションの罠

もう一つの罠が「スマートアクティベーション」です。これは、マニュアルで集中モードを解除しても翌日には勝手にONになる機能です。

つまり、仕事集中モードを解除したつもりが、翌日再びONになって同じ事を繰り返す羽目になっていました。

なので、この画面下の「集中モードを削除」で仕事集中モードとはサヨナラすることにしました。

スマートアクティベーション

まとめ

この機能は、もっと突き詰めれば便利な機能であることには違いないのですが、私はよくわからずに作成してしまい、結局連絡が来ていても無視してしまう事故が発生してしまったので、しばらくは封印します。

同じ様な体験をされて、対処にお困りの方の参考になれば幸いです。

苦悩イメージ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次